クレアチニンを下げるために効果的な食事とは?

クレアチニンを下げる食事&食材

 

低タンパク食を心がける

クレアチニン 食事 画像

 

タンパク質は健康的な体のために必要な栄養素ですが、他の
栄養素に比べて消化の負担が大きく排出する老廃物も多いため
腎臓に負担がかかりやすいものでもあります。

 

そのため、腎機能が低下している時には高タンパクな食事を
控え、出来るだけ負担の少ない食事を行うことが大切です。

 

適度なタンパク質摂取量については、それぞれの体の状態に
よって異なるため、医師などにご相談ください。

 

※特に「低タンパク血症」を発症している場合など、
タンパク質の摂取制限を行ってはいけないこともあるので、
食事制限については独断で行わず必ず医師の指導に従うように
してください。

 

 

塩分の摂りすぎに注意

 

クレアチニン値が高いなど、腎臓機能に問題が発生している
場合、とても大切なのが塩分摂取を控えることです。

 

塩分を体内で処理する時、腎臓に大きな負担がかかります。

 

過剰な塩分摂取による高血圧は、さまざまな生活習慣病の
原因となるため、1日6g以下の減塩食を心がけましょう。

 

食事の時の味の変化には、しょうゆなどの塩分の強いもの
だけでなく、酢やレモン、わさび、しょうがなど
酸味のあるものや香辛料を活用するようにしましょう。

 

 

エネルギー源となる食材を十分に摂る

 

体を動かすエネルギーとなる糖質や脂質は、生活習慣病全体を
見ると、摂りすぎはよくないと考えられていますが、
腎臓への負担軽減を考えた場合は、タンパク質量を抑え
糖質などを増やした食事を意識するといいと言われています。

 

エネルギー源が不足していると、筋肉中に存在するタンパク質が
エネルギーとして変換されて使われてしまい、血中の老廃物が
増加してしまいます。

 

血中の老廃物をろ過し排出するのは腎臓なので、出来るだけ
その負担を減らすためにも、十分なエネルギー源を
摂取することが大切です。

 

 

カリウムやリンを摂りすぎないこと

クレアチニン 食事 画像

 

血中の水分量を低下させてしまうカリウムや、腎臓により
排出されるリンは、健康な体にとっては重要な役割を
果たす大切な栄養素ですが、腎機能が低下している時は
あまり摂りすぎない方がいいとされる栄養素です。

 

腎機能の低下でカリウムやリンがしっかりと排出されないと
血中に留まり、動脈硬化や不整脈を引き起こす可能性が
あり、多くの健康リスクを高めるとされています。

 

 

腎機能をサポートする栄養素を摂取する

 

血液内の老廃物をろ過し、尿として排出する働きを促進する
ためにサプリメントや漢方を取り入れることも効果的です。

 

腎機能を高めてクレアチニンを下げるために、DHAやEPA、
アンセリン、葉酸、キャッツクローなどの摂取が有効だと
されているので、サプリメントや健康食品を活用して
積極的に摂取することがすすめられています。

 

他にも腎臓の働きをサポートするものとして、しじみなどに
多く含まれるオルニチンの摂取もおすすめです。

 

漢方では「五苓散」や「猪苓湯」などが老廃物の排出促進や
排尿を促進する効果があるとされているため、体のめぐりを
整えるのに有効だとされています。